弊社代表・中庭和秀がパネリストとして登壇しました

9月12日、大阪のグランフロント大阪にて、特許庁と経済産業省・近畿経済産業局主催の「知財活用シンポジウム ~企業の成長を支える知財~」が開催されました。

「元気な企業はここが違う! ~激変する競争環境下でも成長し続ける企業の知的財産活用それぞれの形~」と題したパネルディスカッションでは、弊社代表の中庭がパネリストとして登壇しました。弊社が開発したひび割れ計測システム・KUMONOSや、その前身である「トンネルマルチ計測システム・KANON」の開発時の特許にまつわるエピソードをご紹介しました。

中小企業における特許取得のメリット

投稿者プロフィール

クモノスコーポレーション 広報担当
クモノスコーポレーション 広報担当
弊社が誇る計測技術や、最新情報についてお伝えします。