1. HOME
  2. ブログ
  3. 海外事業
  4. 外国人社員の日本語力を把握したい!BJTビジネス日本語能力テストの受験方法

BLOG

ブログ

海外事業

外国人社員の日本語力を把握したい!BJTビジネス日本語能力テストの受験方法

こんにちは。大谷です。前回に引き続き、BJTビジネス日本語能力テストについてご紹介します。今回は具体的な申込み方法からテスト結果判明までを解説します。

アカウントの作成

ピアソンVUEのサイトを開き、右上の「アカウントの作成」から、画面の指示に従ってアカウントを作成します。

BJT Candidate IDの欄は、「いいえ、BJT Candidate IDを知りません。」を選択してください。

氏名入力欄のスペルは、ご自身のパスポートなどの身分証明書と同じにしてください。間違いがあると、受験当日に身分証明書を提示した際に、失格となることがあります。

「プロファイルの作成が完了しました」と表示されたら、アカウントの作成は完了です。

受験場所・日時の予約

ピアソンVUEのサイトを開き、右上の「サインイン」から、先ほど作成したIDとパスワードを使ってログインします。

「試験の一覧」の「BJTビジネス日本語能力テスト」を選択し、「試験を予約する」をクリックしてください。アンケートが表示されますが、回答は必須ではありません。

表示されたテストセンターを選びます。アカウント作成時に登録した住所から近いものが表示されます。今回は弊社大阪本社から1番近い、梅田にある「大阪駅前テストセンター」を選択しました。

続いて受験日と時間を選択します。一部埋まっている場合もありますが、基本的には平日・土日問わず毎日受験可能です。

テストセンターで受験

今回選択したのは、ヨドバシカメラ梅田店の北側にある「大阪駅前テストセンター」です。

入り口で受験する試験と氏名を伝え、指示に従って会場に入ります。会場は、1つの席に1台のパソコンが設置されていて、隣の机との間には間仕切りがあります。ヘッドホンを着用して音声に問題がないことが確認できると試験スタートです。

忘れ物に注意!必ず持参するもの

受験する外国人の方は、パスポートと在留カードの両方を必ず持参してください。どちらか片方だけでは受験できません。

テスト結果

試験が終了して部屋から退出すると、直後にスコアレポートが発行されます。このレポートには取得したスコアしか書かれていません。

ピアソンVUEのページにログインすると、スコアだけでなく、聴解・聴読解・読解それぞれのスコアが記載された「成績認定書」を発行できます。こちらが本物の成績認定書です(一部加工)。

左上の四角いグレーの部分に、受験当日に会場で撮影した顔写真が入ります。

最も一般的なJLPT 日本語能力試験と比べると知名度は高くありませんが、予約はインターネットのみで完結し、毎日受験でき、結果がその場でわかる試験がBJTビジネス日本語能力テストです。海外からの人材を採用する際に、ぜひ導入してみてください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事