企画戦略室の永坂晴瑠です。部署異動から暫く経ちましたが、未だ慣れぬことも多く、毎日てんやわんやと業務を行っています。新しいことを学ぶ時は、刺激的で「よし頑張るぞ」と心から沸き立つものがあります。

さて、前回は「新入社員が一年目にすると良いこと」を綴りました。今回は「新赤外線システム TERMO DELTA(サーモデルタ)」について綴っていきます。

「新赤外線システム TERMO DELTA」とは

赤外線サーモグラフィで測定した温度データを外壁診断用として最適な解析手法により自動分析し、図面や画像に転送できるシステムです。従来の打診調査に加え、この「新赤外線システム TERMO DELTA」を使用することによって、外壁の温度異常箇所を発見し、より正確な外壁の浮きの箇所を探し出すことが可能です。

赤外線サーモグラフィ使用状況

なぜ浮きが分かるのか

以前にも紹介したように、従来の打診調査では、音により浮きの箇所を判断していました。浮きの箇所では音の変化が表れるだけでなく、下地と表層がしっかりと接着している箇所と温度差が生じます。

浮きの箇所では下地と表層の間に空気層ができるためです。この温度差が生じている箇所を自動抽出する機能を有するのが「新赤外線システム TERMO DELTA」です。

また、打診調査は打診棒やテストハンマーが届く範囲しか行うことができません。届かない範囲を赤外線サーモグラフィで撮影し、温度異常箇所を判断することが可能です。

「新赤外線システム THERMO DELTA」による浮きの抽出

新・赤外線画像解析システム THERMO DELTA

投稿者プロフィール

永坂 晴瑠
永坂 晴瑠
クモノスコーポレーション株式会社の企画戦略室に所属。

クモノス事業部に所属時は、従来の目視調査や打診調査に加え、ひび割れ計測システム 「KUMONOS(クモノス)」や新赤外線調査システム「THERMO DELTA(サーモデルタ)」を使い、外壁調査業務を行っていました。

お客様のご依頼やお困り事を迅速かつ真摯にお応えできるように、日々勉強しております。

これからこの業界へ入る方や外壁調査にご興味のある方は、是非ともご一読ください。