明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

改めまして、企画戦略室の永坂晴瑠です。

昨年は公私ともに変化と学びの多い年でしたので、今年は学びと成長をテーマに頑張っていこうと思います。

今回は、三次元データの活用について、ご紹介したいと思います。

3Dレーザースキャナで取得した三次元データは原寸で計測されており、PC上で計測対象物を上空から見たり、内部から見たりと自由に動かすことが可能です。また、現地の座標を付与することが可能なので、平面的なマップに原寸の立体的な構造物を置くことも可能です

三次元データ(点群データ)

防災計画・対策

災害時や緊急時の避難経路を視覚的に表現することが可能です。従来の避難経路図に比べ、リアリティのある映像を作り出すことによって、より分かりやすくものになります。

避難経路

また、水害の浸水高や浸水範囲のデータを入れ込むことによって、ハザードマップを視覚的に表現し、防災計画や防災対策設備・構造物のシミュレーションを行うことが可能となります。

イベント計画・PR

三次元データに写真やCG等を入れ込むことによって、イベントの設備や様子をイメージ化することが可能となります。三次元データは原寸なので、イベント時の臨時店舗や経路をあらかじめ視覚的・数値的に表現することが可能となります。先に紹介した避難経路の様な動画を作成すれば、上空から見られるだけでなく、お客様目線のシミュレーションが可能となります。

プロジェクションマッピングのPRイメージ

ご紹介した三次元データの活用以外にも、様々な活用方法があります。
三次元データは、あなたの発想で、より役立ち、より社会に貢献できるツールです。
ご興味のある方、より詳しいことをお知りになりたい方は、是非お気軽にご一報ください。

3Dレーザースキャナ 販売・レンタル・計測サービス

 

ご質問・お問い合わせ

 

 

投稿者プロフィール

永坂 晴瑠
永坂 晴瑠
クモノスコーポレーション株式会社の企画戦略室に所属。

クモノス事業部に所属時は、従来の目視調査や打診調査に加え、ひび割れ計測システム 「KUMONOS(クモノス)」や新赤外線調査システム「THERMO DELTA(サーモデルタ)」を使い、外壁調査業務を行っていました。

お客様のご依頼やお困り事を迅速かつ真摯にお応えできるように、日々勉強しております。

これからこの業界へ入る方や外壁調査にご興味のある方は、是非ともご一読ください。