初めまして。クモノス総合事業部で国内・海外を担当する宮本です。
コロナウイルスが猛威を振るい、海外で仕事をする機会が減りました。
しかし、海外で学んだことは、今の内業務に役立っています。
そこで、私がこれまでに経験した海外計測について、少しご紹介いたします。

海外計測について

本格的に海外で計測したのはタイ王国。

古き良き文化をもちながら、東南アジアの中心都市として目覚ましい発展とともに、インフラの老朽化が社会問題となりつつあります。
KUMONOSの開発・現場調査・技術指導等、国内で身に着けた技術を活用して、弊社の技術をこの国に広げる、とてもやりがいのある仕事でした。

海外渡航経験が少なく、なにもタイのことを知らない自分でしたが、業務を重ねるごとに(トータル10回渡航)気づいたことがあります。

海外で新しい技術を受け入れてもらうために必要なことは、

1.自分の技術に誇りをもって仕事に取り組むこと
2.相手の立場にたってわかりやすく丁寧に伝えること
3.共に働く技術者と和親協力して、相手のファンになり、自分のファンをつくること

これら3つを守れば、たとえ生まれた国が違っても使う言葉が違っても、業務はうまくいきます。

仕事に行き詰ったとき、ふとこの原点にもどり、自分の与えられた環境・仕事・周囲の協力に感謝する日々です。

世界に発信できる技術、KUMONOS。これからも発信し続けます。