こんにちは、i-Construction事業部です。

今回は、クモノスコーポレーションのオンリーワンシステム、BaumStationの現場活用事例をご紹介します。

BaumStationと基準球の組み合わせ活用

ご存じの方もおられるとおもいますが、このBaumStationは円柱中芯以外にも、球体中心も測ることができ、その場で結果がわかるシステムです。
写真は地上レーザースキャナ測量で使用している基準球です。こちらの基準球自体をBaumStationを用いて、座標化し作業の効率化に活用する一例です。

自社ツールを組み合わせて様々なニーズに対応

現地の環境や条件により、基準点自体の設置が困難な場合には、全方向から見ても中心の位置が変わらないこの基準球を用いて、施工測量に活用する場合もございます。
自社ツールの組み合わせで、可能性を広げ、ひらめきを活用して、さまざまなニーズに対
応させていただいております。

ご興味のある方は是非お問い合わせください。

投稿者プロフィール

i-Construction事業部
i-Construction事業部
丁張りはもちろんの事、横断測量、点高測量、現況測量、墨出し、杭芯出し、動態観測、渡海測量など、工事に関わる測量はお任せください。また、国土交通省が掲げるi-Construction を促進するため、これからの建設施工に必要不可欠な、新しい技術の導入・開発を進めています。