今回は、弊社が開発したクラウドシステムについてご紹介します!

本システムは、基礎杭施工における目印杭や掘削穴の確認、既製杭沈設時などの
杭心確認に使われているBaum Station(「バームステーション」以下、BS)での
測定結果を、ICT(情報通信技術)によってリアルタイムに分かりやすいビジュアル
画面で情報共有するシステムです。(複数端末で確認OK)

BSで測定した数値はクラウド(インターネットサーバー)に送信され、データベース
に蓄積されます。蓄積されたデータはスマートフォンなどの携帯端末やパソコンで確認
することができ、そのデータを取りまとめることで報告書の作成も遅延なく行えます。

Baum Station Cloudシステムのイメージ

基礎杭のICT施工

実際の測定現場

 

スマホ画面イメージ

報告書イメージ:杭1本毎のトレーサビリティを作成

Baum Station Cloudシステムのメリット

最後に本システムのメリットをまとめると・・・
■言葉だけでは難しい杭の誘導を簡易化
■リアルタイム情報を複数人同時に共有可能
■作業途中でも報告書を作成可能
■測定結果(偏心量・傾斜)を全てクラウドに保存
■データ紛失の心配なし

御社の業務効率化に貢献する本システム、ぜひご活用ください!