昨年に引き続き11月12日(水)~15日(金)に幕張メッセにて開催された「デジタルコンテンツEXPO2019」に出展いたしました。

3日間で約400名の方々に弊社ブースへと足を運んでいただき、おかげさまで盛況のうちに展示会を執り行うことができましたことを心よりお礼申し上げます。

先端コンテンツ技術とデジタルコンテンツをテーマにした国際イベントであるデジタルコンテンツEXPOにて、3次元計測における最先端の技術を紹介し、特にVRコンテンツ制作・映像制作・電子機器の開発に携わる方々にご興味を持っていただけました。

弊社としても測量会社として得た3次元データの利活用という点において、新たな分野における展開のヒントを得ることができ、非常に有意義な展示会となりました。

ご意見やご不明な点がございましたら、いつでもお申し付けくださいませ。

▼3次元計測技術「Focus3D S350」
 BIM・CIMへの3次元データの活用を取り組みたい方に。コンテンツ制作のためのデータとして幅広く活用可能。
 https://www.kankou.co.jp/3d/faro-focus-s-350/

▼ポータブル3Dスキャンアーム「SCAN ARM」
 繊細で高品質な3次元カラースキャンが可能。モデリング・リバースエンジニアリングにも最適。
 https://www.kankou.co.jp/3d/scanarm/