クモノスコーポレーションの3次元計測業務の様子がNHK宮崎のニュース番組内で放映されました。
今回放映されたのは、宮崎の都城市にある旧市民会館の計測の様子でした。
旧市民会館解体に伴い、解体前に3次元アーカイブデータとして保存しようという取り組みの一環で弊社の計測技術が活用されました。

この旧市民会館は日本を代表する建築家・菊竹清訓が設計したメタボリズムの代表作で歴史的価値のある建物です。
歴史的文化材として、保存をめぐっては様々な協議をされたものの、老朽化により惜しまれつつ解体される運びとなりました。

しかし、3次元計測でアーカイブデータとして保存することで、あるがままの姿をそのままデータとして残すことができます。

地元の方にもなじみが深く、長年愛されてきた歴史的価値のある建物を後世にデータとして引き継ぐ。
そういった価値あるプロジェクトに、弊社の技術を活用いただけた事に大変嬉しく思いました。

今回の計測データは研究や教材として活用に期待されているとのことで、弊社としても今後の活用が非常に楽しみです。

【関連記事】
●旧市民会館3Dデータで保存へ
https://www3.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/20190703/5060003680.html

●メタボリズムの名建築『旧都城市民会館』を3 次元スキャンで記録に残す3Dデジタルアーカイブプロジェクトが始動。
https://www.zaikei.co.jp/releases/826525/

●菊竹清訓が設計した「旧都城市民会館」文化的価値の記憶として3次元データでの保存に挑戦
https://www.axismag.jp/posts/2019/06/131613.html