1. HOME
  2. 技術・製品
  3. ポリウレア補修
  4. クモノス工法(機械結合式)

ポリウレア補修

Polyurea

ポリウレア補修

クモノス工法(機械結合式)

汚れ・錆・湿った表面でも施工可能

  • 強度が高くシームレスな防水皮膜を形成
  • 水があっても硬化反応に影響がない機械結合方式
  • 錆・レイタンス・旧塗膜除去などの下地処理が不要
  • 乾燥・プライマが不要なため1~2日で施工可能
  • 特許取得済み

施工事例

地下温水内面ライニング

既設下地はFRPライニングが施してありましたが、温水によって膨れが生じた後、割れと剥がれが発生していました。工期が短く下地コンクリートも濡れた状態で乾燥する見込みがないため、クモノス工法にて下地処理を行ないました。お客様がご希望の工期内に防水処理を完成させることができました。

1. 下地処理
2. ポリウレアコーティング
3. 施工完了

防火用水槽内ライニング

既設下地は壁面のひび割れから漏水がありました。内部の水を抜くと地下水が内面に透み出し、止水する事が非常に困難な状態でした。そのためクモノス工法にて止水する事なくポリウレア樹脂をライニングする事が可能になりました。安全面を考慮し、止水規格(JWWA-K143)認定材料を使用しました。

1. 下地処理
2. ポリウレアコーティング
3. 施工完了

お問い合わせ

弊社および各事業については、下記電話番号および、各フォームよりお問い合わせください。
※お急ぎの場合はお電話でのお問い合わせをお願いいたします。

総合ダイヤル(本社)

072-749-1188

受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]
※ご利用の際には、電話番号をお間違えのないようご注意ください。
※ 担当者が不在の際は、こちらから折り返しお電話を差し上げる場合もございますので、ご了承願います 。

製品やサービスのご質問や
その他お問い合わせはこちら

製品の販売・レンタルや
業務のお見積りはこちら